冬の食養のコツ(後編)

前回は冬にオススメの食材を紹介しました。その中の1つ、大好きな黒千石大豆を炊いてみました!

他にはね、寒い時期には「塩味」がいいんですよ(*^^*)

塩辛や、お漬物梅干しとか塩っ辛いものを、思い出した時に食べてみてください。お味噌お醤油もいいですよー!ただし、裏面表示を必ずみて、原材料が限りなく少ないものを選んでね。梅干しやったら、梅と塩のみ。的な!

そして、ここからが、私が一番熱く言いたいとこです!

〈冷えやすい食事〉していませんか…?

腎を強めるものを積極的に摂るエネルギーの、5倍くらいのエネルギーを使って、体が喜ばないものを摂らない意識をしてください!食事に関しては、引き算方式を採用しましょう。

↓〈冷えやすい食事〉↓

・コンビニ、冷凍食品などの食品添加物を多く含むもの

・アルコール、カフェイン飲料

・甘いもの(お菓子、菓子パン、ジュースなど砂糖を多く含むもの)

・乳製品

・生野菜のサラダ、フルーツ、スムージー

などなど…。

んーーー。 ちょっと耳が痛いアイテムが並んだ感がありますよね…。そんな私も今このブログを書きながらコーヒー飲んでポッキー食べてる( ̄∀ ̄)

陰陽五行の考えの中にある〈陰陽〉。これは全てのものには陰と陽の二つの側面があり、成り立っている。という考え方です。

なので食べ物にも陰と陽があります。上記のアイテムは非常に陰性が強いものなんです。陰性食品の性質は、体の火照りをとったり、身体全体を緩めたり、血管、腸管も緩めます。

空気すらもがキンキンに冷えてる冬に、冷えやすい食べ物を摂ると、身体の中から冷えてしまい、明らか内臓に負担をかけてしまいます。。・°°・(>_<)・°°・。

そして、前編でちょっと説明しましたが、五行(木火土金水)の中の水。

このお水は、私たちの「生命の源」です算命学で、水を表す干は「壬」「癸」の二つです。この「壬」には、妊の字にも通じていて、孕む(妊娠する、含む)という意味があるんです。

お水と関わりが深いので、生命を生み出す生殖器も腎臓や膀胱と同じチームになるんです。

東洋的(陰陽五行的)に見ると、

水=生命の源。腎=全身のエネルギーの源。

なので、ここが弱るということは「老化」を意味します:(;゙゚’ω゚’):

それは…、よろしくない!非常に!個人的にも美容家的にも!

 

自分自身はめっちゃ元気って思っていても、体の中のコンディション的には冷えて辛い状態って、結構あるんです。

そんな状態の時に、お肌の乾燥、たるみ、くすみ解消ために高い化粧品使ったり、エステでお手入れしても、あんまり効果を実感しにくい(と思います。)←本業なのでちょっと声がちっちゃくなってる…。

身体の声を代弁すると、「今それどころじゃない!皮膚のことは必要最低限で後回し!」てなことになるわけです。

冷えが気になる人は、陰性の強い食事を極力控える意識をしてみてください。さほど気にならない人は、夜遅い時間は食べない、日中の活動時間中に適度に楽しむ、というように程よく意識してみてください。

絶対摂らない!とかだと、ストレスになります。そんなの楽しくないし続きません(>_<)

あとは、防寒対策もばっちりしましょう!

冬になると、体のエネルギーを外に漏らさないように自然と全身の毛穴がキュッと引き締まります。

その締まった状態をキープできるように、適度に温かい服装にして、室内では、暖房の温度調整より、服装での保温を意識してみてください。

って事で!マイブームはコレ!←これが言いたい

こないだラジオの収録に行ったら、ディレクターが激ハマりしてるアイテムを熱く語ってくれ…。思わず発注してしまいました。これが想像以上にイイ!足元ぽかぽかです。

というのも、大好きな着圧トレンカが生産中止になり、渋々レギンスタイプにしたのですが、やはり足首がちょっと寒くて困っていました。
でも今はめちゃめちゃ快適です(≧∇≦)

施術中もずっと着用しっぱなしでいいので、ほんとに神ウォーマー!←大げさ(^.^)

ここのウェブサイトから買えますよー!ぜひのぞいて見てください→くるぶしウォーマー

寝る時用に、かかとケアのくつ下も買いました!リーズナブルな分毛玉発生率高めですが快適です。

みなさんのお気に入り防寒グッズは何ですか?おススメがあればぜひ教えてください♪

美味しく、楽しく快適に冷えを退治して、寒さと戦いましょー!

これだけ熱く語ったし、しばらく絶対風邪引けないね。私ってば…(^^;;

☆みか☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です