算命学講座デー!

今日の講座は結婚占技でした。
みんな気になるところなので、集中力度がかなり高くなります。

でも、みる要素がたくさんあって…。
そんな理想の人おるんかーーーい!ってつっこみたくなります。

それだけ結婚って大事なことなんです。
自分のためというより家系の繁栄のための結婚なだけにね(♡´ω`♡)

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

サンプルは
受講生の方の命式と
ネットニュースでみつけた石原さとみさんと前田裕二さんの
命式をお借りしてやりました。

今回は羨ましい〜(*˘︶˘*).。.:*♡の連発
「好きになった人と命式上で相性がいい」バージョンは
なんだかめっちゃ心が踊ります。

とはいえ、
そうでもない事だってたくさんあるから

そーゆー場合は
どんな事がトラブルやストレスの原因になりそうなのかを
探って対策方法を考えることも大切です。
鑑定は悩みや問題が起こってからいらっしゃるっていう事が
けっこうあるからねー💦

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

算命学(と言うか東洋的な考え方)では
男性が陽、女性が陰に分けられます。
陰陽が違うので
結婚における役割や立ち位置も男性と女性とで違います。
あくまでも、
数千年前の結婚観がベースになってる考え方ですが。

片方だけでは、結婚も生命の誕生も成り立たないので
当然どっちも同じだけ大事です。
なんだけど…。
私の超絶個人的な算命学解釈の目線で考えたとき
今の男女平等って
なんかちょっと本来の意味合いからずれてるような気がしなくもない…。

安岡正篤先生の本の中にも
男性が女性に渇望するものは
「ゆかしい心情であり、決して職業的活動などではない。」
「没我の愛とそれによって輝く叡智、細やかな心遣い、ゆかしい礼節」
があってこそ国家が興隆するとの記述があったりします。
(詳細は本を読んでね!)

そこにめっちゃ共感してるからかなー

そうなる努力をせなな…。
と思ってはいるところ(*´艸`*)

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

私の個人的な偏見はさておき
鑑定する側が、東洋的な考え方を噛み砕いておいたほうが
ゴールを設定しやすくなるし、起こりうるリスクや可能性に対する
説明がしやすくなると思います。

鑑定は、
鑑定する人が幸せになるためのものであって
結婚することや誰かと住む事がゴールじゃないし
幸せとは限りません。

女子全員が専業主婦に向く訳じゃないし
それが幸せとも開運とも限らないからねー

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

とはいえ、結婚してもしなくても
大切な存在の人がいる。ってことは
自己肯定感や承認欲求が
満たされやすくなるんじゃないかなーと思います。

ヒトの本能に備わってる欲求なだけに
この実現に相当熱い私。
最終ゴールは自己実現の欲求を満たすことにあるから。
そのゴールに向かう手段の1つ
ってゆー考えのもと、鑑定もエステの施術もやってます

なので、せっかくなので
そこに相性の良さを加わえて、居心地の良さや安心感を
ぐっと高くできたらいいなーと思うのよねー。

さほど相性が良くなかったとしても
その矛盾を埋める作業をお互いがすれば
より快適で楽しく過ごせるはずです。

自分にとってどんなライフスタイルが
幸せ度高くいられるのか?

どんなお相手とどんな環境で過ごすことが
ストレスフリーに近づくのか?

算命学を通じて知ってみるのも面白いかもしれません。

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

パートナーが欲しいなーって考えてる方。
異性運、結婚運がいい年の人はぜひ積極的に活動しましょう!
そうじゃない年の人でも良い月は必ずまわってきます。
神様が応援してくれるチャンスを逃さないでね

 

しかし…。
石原さとみちゃんと前田さん
うらやましいわぁ…。

 

☆みか☆

 

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*

【心身一如】の考えに基づいた
オールハンドによる独自のメソッドで
リンパ、血行促進。
デトックス系マッサージで
心も身体もお肌もいい巡りに!
算命学鑑定、講座もお任せ下さい。
MIKA YAMAGUCHI
お問い合わせ

salon.mika.yamaguchi@gmail.com
http://mika-yamaguchi.com

♪.:*:’゜☆.:*:’゜♪.:*:’゜☆.:*:・’゜♪.:*

 

 

※参考文献 安岡正篤 一日一言 致知出版社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です